出会いがない人の共通点

恋人がいない人の特徴として、決まった口癖があります。

「だれかいいひといないかな〜。」とか「恋人ほしい!」とか「出会いがない!」とか・・・どのセリフを聞いても積極性に欠けています。出会いを探すと一言で言ってもおそらく確実な方法で探している人は少ないのではないでしょうか?女性は特に“肉食系女子”という言葉に翻弄されて積極的に動きすぎるとそのレッテルを貼られてしまうことをおそれている人が多いと思います。いろんな出会い方がある中で、女性はどうしても受け身態勢であることが必須です。

というのもいくら恋人がいないからといって「私恋人募集中!素敵な出会いを探しています!」では、一般的な男性はなかなか寄ってこないのです。男性にも女性にも言えること、それは「今私は出会いを探し中ですよ〜フリーですよ〜」ということをさりげなくアピールする方法を習得しなければなりません。言葉で言ってしまえばとても簡単なことですが、実際にそれをできるかどうかで、出会いを見つけてすぐに恋人ができる人とそうでない人の差が大きく開くことになります。それでは、具体的な方法を見ていきましょう

出会いの定義とは?

最近若い人たちは自分の気持ちをうまく伝えることができない人が大変多く増えています。たとえば、どんなシチュエーションにも人と接してればそこにもしかしたら大きなチャンスいわゆる出会いがあるかもしれないということを期待しすぎてしまうのですが、実際にはそう簡単にはみつかるものではありません。とある異性に好感を持ったとしてもそれが持続する感情とは限らないからです。

期待しすぎている人は、期待通りの人でないと分かった途端に「恋愛対象外」というお札を貼ります。出会いを探している人に言わせてみれば、このお札を貼った時点でこれは出会いじゃない!と言い切ってしまうのです。というのも、若い世代に今多いと言われているのが、何か相手の性質に少しでも気に入らないことがあったりするとそれをすべて負のスペースに盛り込んでしまうんです。

その負のスペースはどんどん広くなっていきますので、余計に相手の利点を見抜く能力が劣ってしまい、結局たくさんの異性とあってもそのに結果的には出会いがなかったという判断が下されてしまい、こういった視点が繰り広げられていることがそもそも、出会いがないのていぎとされてしまって、恋人ができない原因となっていることを本人もきづくことがでいないのです。

このページの先頭へ